佐渡版画村美術館-高橋信一

高橋 信一

(1917~1986)

1960年(昭和35年)

  • 第28回日本版画協会展で「樹間B」「樹間C」出品 恩地賞受賞

1963年(昭和38年)

  • 国画会美術研修メンバーの一員として約3ヶ月間ヨーロッパ13ヵ国歴訪

1966年(昭和41年)

  • フランス・イタリア両政府の招きで両国の国立美術大学の美術教育者講師として約3ヶ月間渡欧

1978年(昭和53年)

  • 教育文化功労により両津市長表彰

1981年(昭和56年)

  • 版画教育の功績により新潟県知事表彰

1986年(昭和61年)

  • 郵政事業功労により郵政省信越郵政局長表彰
  • 勲五等双光旭日章受章

白い道

高橋信一の版画の中心テーマであった「白い道」は、仏典の「二河白道(にがびゃくどう)」に拠っている。
「二河白道」とは、二河(火河―怒りうらむ炎・氷河―貪欲の水の象徴)の間にあって、衆生がかろうじて極楽往生をなし得る細い一本の道であるという。

shiroimichi01

白い道(86)

shiroimichi02

白い道(港A)-3

佐渡版画村美術館
SADO HANGAMURA MUSEUM
〒952-1533
新潟県佐渡市相川米屋町38-2(Google Map
0259-74-3931


(C) 2017 佐渡版画村美術館.
佐渡版画村美術館