佐渡版画村美術館-外観写真-全景

建物について


この佐渡版画村美術館は、1888年に建てられた【旧相川簡易裁判所】の跡を利用して設立されました。
この建造物は、木造1階、明治以降の佐渡金山と周辺地域の繁栄の様子を色濃く残す建造物です。
現在、佐渡市の文化財になっています。

基本情報


住 所 〒952-1533 新潟県佐渡市相川米屋町38-2(Google Map
TEL (0259)-74-3931
FAX (0259)-74-4559
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日休館)
 開館 3月15日~12月25日
 閉館 12月26日~3月14日
開館時間 9時~17時
入館料 大人400円 小・中・高200円
展示内容
  • 常設展示 版画村会員作品約150点(随時展示替え)
  • 特別展示 版画村会員による中心とした展示(毎月)
  • 大版画(352×667㎝)「島人の歓び」展示 島内住民による共同制作
  • 高橋信一作品展示
  • 版画家寄贈作品展示
  • 全国高等学校版画選手権大会「はんが甲子園」作品展示

一般社団法人 佐渡版画村


会員数 現在98名
会 員 会費3,000円(入会金1,000円)
協力会員 会費2,000円(1年間有効・版画制作をしなくても版画村にご協力いただける方)
特 典
  • 会員証発行
  • 白黒カレンダー贈呈
  • 入館料無料
  • 情報誌発行
  • 会報発行(会員のみ)
  • 作品展示(会員のみ)
※入会をご希望の方はコチラよりお申し込みください。

2015年(平成27年)創立30周年記念事業を実施し、佐渡金銀山世界遺産を目指して近代化遺産群の大版画(180×90㎝)


高任竪坑と道遊の割戸・北沢浮遊選鉱場・選鉱場作業風景・大間港・鉱山祭り5点を市民参加形式で制作中。


鬼太鼓(印なし)

このロゴマークは、鬼太鼓の鬼をモチーフに高橋信一が制作しました。
鬼太鼓は、佐渡各地のお祭りに登場し、その年の五穀豊穣、家内安全を祈りながら、家々の厄をはらうために行われる芸能です。

佐渡版画村美術館
SADO HANGAMURA MUSEUM
〒952-1533
新潟県佐渡市相川米屋町38-2(Google Map
0259-74-3931


(C) 2017 佐渡版画村美術館.
佐渡版画村美術館